治療科目・矯正歯科treatment

矯正歯科correction dentistry

全身の健康に影響する、歯並びを整えます。
金属の矯正装置、目立たない透明の矯正装置が普及してきています。 矯正は見た目だけの問題ではなく、虫歯や歯茎の病気の予防、発音障害、顎・体のゆがみを改善するなど さまざまな効果があります。

床矯正

装置は、入れ歯によく似た装置で、幼児でも簡単に取り扱いができます。

床装置の治療目的は
  1. 萎縮した顎を正しい大きさに拡大します。
  2. 歯を正しい位置に動かします。
  3. 後退している下顎を前方に誘導し、移動します。
  4. 舌などの悪習慣の是正をします。

基本的には一方向しか移動できないので、顎を拡げる装置、歯を押し出す装置といくつかの装置を組み合わせて治療します。治療開始時期が早ければ早いほど治療が早期に終了します。

床矯正の治療は、装置の数で設定されています。早期の治療開始ならば一装置で治療は終了します。様子を見ていて、症状が複雑になれば、いくつもの装置が必要になり、治療費用もかかります。


床矯正の画像 床矯正の画像 床矯正の画像床装置の中にスクリューが装着されています。ねじを棒(キー)で巻くことで、スクリューが移動して、床が拡大し顎を拡げたり、歯を移動したり出来ます。



床矯正の画像顎が全体に萎縮しているケースは、歯が並ぶのに必要な顎の大きさまで拡げます。歯が並ぶ顎の大きさを正しい顎の大きさの基準としています。歯が並ばない萎縮した顎を正しい大きさに修正します(顔が大きくなるわけではありません)。

床矯正の画像犬歯の生えるスペースがなかったり、前歯が反対に生えているケースは、前歯を前方に移動します。前歯を前方に移動することで、上顎骨が前方に育成され、立体感のある顔貌になります。


内側からの装置ととマルチブラケットによる矯正

床矯正とは違いはめ外しではなく固定性の装置で写真のように(3枚)内側からの器具でなるべく目立たないやり方で歯並びをコントロールし、後半は歯の表面からブラケットを着け全体的にきれいに仕上げます。

料金
30~40万円
の画像 の画像 の画像

料金

患者さんの状態により、装置の個数、種類が変わります。

床矯正装置
装置1個目
60,000円
同顎2個目以降
30,000円
反対咬合改善用装置(就寝時使用)
反対咬合改善用装置
15,000円
反対咬合改善用装置(就寝時使用)の画像 反対咬合改善用装置(就寝時使用)の画像 反対咬合改善用装置(就寝時使用)の画像
アクアアライナー
初回
80,000円
2個目以降
4,000円づつ
プラケット装着時の画像 アクアアライナー装着時の画像 アクアアライナーの画像

透明なマウスピースを使った見えない矯正位置装置で約1mmほど歯を移動させていきます。