治療方針policy

杉山歯科クリニックの治療方針

イメージ画像歯科治療はどんな方にとってもあまり気が進まない悪いイメージを持たれている方がほとんどのことと思います。よく治療内容が分からず回数、費用がかかるため最後まで治療が続かないという方も多いのではと思います。
ですが、歯は毎日の食事会話など生活には欠かせずまた、より豊かな生活を営む際の重要な器官といえます。

イメージ画像以前は、歯科治療の受診のきっかけは「痛い」「かめない」ことでしたが、今はよりきれいにしたいよりしっかり違和感なくかめるようにしたい口臭歯並びホワイトニング、などより生活の質を向上させることにも注目されるようになってきました。そういった患者さんのニーズに応えられるよう、設備の面、技術の向上、知識の習得、スタッフの対応、等、常にもっとよりよいものを皆様に提供できるよう努めております。

イメージ画像開業時にはできえず歯科医師として歯がゆい思いをしてきたこと、たとえば欠損補綴のインプラントでの対応、歯列不正、歯列育成の問題、歯周病の対応、審美領域の対応、同じ治療内容でもより治癒が早い材料、技術、設備など、日々確実に進歩し続けておりますしその対応範囲の広さ、それぞれのレベルの向上しております。
こちらサイドの考えや内容の見えない治療ではなく、患者さんにより詳しく正確に伝え納得した治療を安心して、受けてもらえるよう最大限努力しております。

イメージ画像歯科疾患は歯科医が治すものと患者さんも当の歯科医も思いがちですが実はそれには限界があり我々は全部は治せません。診療室の中では分かりかねる生活習慣や食事等、どこまで踏み込んだ指導ができるかも我々の仕事であり難しさであると感じております。今後も日々精進しよりよい生活を皆様に過ごしていただけるようお手伝いができればと思いスタッフ一同努めております。スタッフもそして患者様もみなさんが「笑顔」になれるようにと常に考えております。健康な、素敵な笑顔ができるような生活が送れるようにしたいが目標です。