杉山 洋行 院長ブログblog

サクランボ狩り

ほぼ毎年行っているサクランボ狩りに十文字に行ってきました。

ものすごい人で奥の農道は路駐している車と人で渋滞しており、各農園も昼前には入園の締め切りをしていました。

人の手が届くところのサクランボはほとんどなくなっており、農園の脚立も人が多く使えず採るのに一苦労でした。

例年のものよりも甘みが少ないように感じました。が、おなか一杯食べすぎて帰宅後トイレに入りっぱなしでした。(例年通り)

講習会(5月14,15日)

週末2日間、東京で矯正の講習会に参加してきました。

左の写真を見てください。

こんなにでこぼこしているのに一本も抜かずにきれいに並べることができるんですよ。

信じられます?一般の方よりも歯科医師や歯科の仕事にたずさわる人ほど信じられないかと思います。

一般的には、歯を抜いてスペースを作りその隙間を利用して並べていくんですが、上下で4本も虫歯になっていない歯を抜くのは歯科医師にとっては身を引き裂かれるような思いです。

どれほど歯を保存することが大事か患者さんに説明をし、どれほど時間をかけて治療をしているか、日々の診療と逆行する行為にに心が痛みます。

どうしても仕方ない場合はやむをえませんし、抜くことのほうがメリットがある場合も当然あります。

小さい時から通ってきてくれている患者さんにブラッシング指導をしたりフッ素を塗ったり、口腔内の状況に関していつも見ている。が、歯が変なところから生えてきた、歯並びが気になると言われたとたん「様子を見ましょう」 「矯正医を紹介しますのでそちらに行ってください」と手のひらを返したような返答、態度。

自分の中のジレンマに耐えられない・・・ これが、私の矯正を本格的にやろうと思った理由です。

かなりの回数東京にでかけ週末を利用して学び、文献、書籍を読み漁りました。

虫歯や歯周病で悩まれている患者さんはたくさんいます、同じく歯並びや歯の曲りによるあごのズレを気にしている方もたくさんいます。そんな方を一人でも多く救いたい。矯正を学んだことで、今まで以上に歯列の見方や考えが変わりました。

東京からの最終便の飛行機でおにぎりを食べながらその思いも一緒に噛みしめていました。

お花見

このGWに弘前の桜を見に行ってきました。
とんでもない渋滞で100m進むのに2,30分はかかる状態でかなり遠いところから歩いて見に行きましたがその甲斐あってすばらしい景色を堪能してきました。

よく今までニュースやテレビで放送されておりましたがたかが桜だろうと少々冷めていましたがあれだけのものを見せられ圧巻でした。

写真も300枚以上も撮ってしまいました。

道路が混んでなければまた来たいのですが・・・

いい天気ですね

今日は少し肌寒さがありますが気持ちのいい天気でした。

震災の自粛ムードであまり家からでないようにしていたのですが、久しぶりに家族でお出かけをしてきました。

いつも交通量の少ない高速道路も今日は混雑しておりお店などはどこも賑わっておりました。

県外ナンバーの車を多く見かけ、私とは対照的な気持ちでいらっしゃるんだろうなぁと少し罪悪感を感じました。

夕ご飯を食べているとあまりの夕焼けのきれいさに写真を撮り、後ろを振り返ると同じ時間に今度は真ん丸な月が顔を出していました。

つい1か月前は、あまりの自然の驚異とむごさに心を押しつぶされそうになり、今日は自然の雄大さときれいさに心を穏やかにさせられました。

頑張ろう日本!

臨時休診

本日は、計画停電の実施予定のため休診としましたが実施されませんでした。予約の変更に皆様快く応じていただきまして誠にありがとうございました。結果的には変更は意味なくなってしまったのですが・・・

休診となってしまったので自分にできることはと考え、押し入れからなるべく厚手のダウンやコートでよさそうなものと、ありったけのタオル、歯ブラシ、歯磨き粉を紙袋に詰め県庁へ届けてきました。

ものすごい人と車と義援物資で県庁は大賑わいでした。玄関前はものであふれ職員の方たちがその仕分けに右往左往しており大変そうでした。

その足で秋銀本店から日本赤十字へささやかながら寄付をさせていただき、子供と手をつないで帰りました。

ダウンのポケットにはそっとお手紙を入れておいて少しでも心も温まって欲しいと願いました。