杉山 洋行 院長ブログblog

5月18,19日学会

今週末2日間東京へ行ってインプラントに関する話を聞いてきた。
第一線で活躍されている先生方たくさんの話を聞いてすごい刺激を受けてきた。
最新の学術文献や統計のデーターを元に自分の臨床実感と感覚を大切にして各スピーカーの先生たちは自分なりのやり方やテクニックをあみだしその方法の統計を既知のものと照らし合わせ客観的に比較する姿は臨床家というよりは研究者であると感じた。
世の中の技術の進歩は今までの延長戦上にあるものもあれば連続性がない飛躍的なこともある。
その時にその飛躍したライン上に乗っていけるかどうかはこういう場でのいろんなセッションを聞いたり自分の臨床実感とを鑑みて行かなくてはならない。
AI、4Gから5G、IOT、電子マネー、・・・ その変化は凄まじい。
医学の分野ではどうしても検証や安全性が担保されなければならない為遅れがちである。
が今までの連続性がかなり飛躍していることがかなりあるような気がした。
会場を埋め尽くす歯科医師の熱気を感じた。

コメントをどうぞ