杉山 洋行 院長ブログblog

竿燈祭り’18

今年も竿燈祭り始まりました。
2日目の今日は土曜日で明日の予報は雨ということもあってかすごい人・人・人
全く歩けません。
小さい頃から見ている竿燈ですが今年ほどちゃんと竿灯を見たことはありませんでした。
というのも、自分の娘が太鼓で出ているからです。
手には何度も破れたマメで皮が厚くなって、更にその上にテーピングを巻いて一心不乱に太鼓を叩いており祭りを楽しんでいる姿は羨ましく思いました。
私の住んでいる山王3丁目は住んでいる住宅や人が少な過ぎて町内会がなく、竿燈には参加しておらず歩いてすぐの会場なのに実は全く参加したことがないのです。
全国で伝統行事や祭りの後継者がいなく危機的な状況になっているところも少なくない中、たくさんの若い人たちが一生懸命声を枯らして「どっこいしょ、どっこいしょ」と声をかけている様は本当に頼もしくも感じました。
一眼レフを持って行ったのですが、竿燈まつりは結構暗いので写真の難易度が高くまともに撮れたのは数枚でした。
今年は週末にかかった日程なので昼竿燈も見にいきたいと思います。

コメントをどうぞ