杉山 洋行 院長ブログblog

師走

気づくといつの間にかもう師走。今年もあと3週間足らずとなった。(28日が今年最後の診療日となります)
毎日12月の年末の特番でテレビに釘付けである。
テレビを一旦見てしまうとなかなか電源をオフにできないものである。
あの手この手で視聴者の興味を煽りまんまとその策略にはまってしまう。

テレビやマスメディアの偏向報道をこれほど感じた年もなかったかもしれない。
三菱重工、東芝、シャープ、日産など日本を代表する一流企業の不祥事が明らかになる一方、その巨大すぎる力のためか大事なスポンサーのためか事の重大性から考えて明らかにその報道が少なすぎる。
その一方、一部の政治家のスキャンダルや言動、日馬富士や相撲の話題はよくも飽きずに毎日一日中報道している。
SMAPを脱退した3人が出演したabemaTVは驚異のアクセス数を記録したがこのことにも地上波は一切触れない。
報道する対象を明らかに自分との利益との兼ね合いから取捨選択しそれを垂れ流して放送しコメンテーターが視聴者目線で膨らませる。
なんとも滑稽な感じがするのは自分だけではないはずだ。

学生時代から大変お世話になったレンタルビデオのTUTAYAの閉店が全国で相次いているらしい。
定額でネットで映画やドラマが見放題な今のご時世を考えると仕方ないのかなと思ってしまう。
地上波もこのような状態が続くとabemaTVのようなしがらみのない報道局へ転換される時もそう遠くないのかもしれない。
日曜日はあえてTSUTAYAへ行き、たくさん本を買ってきましたが・・・

コメントをどうぞ