杉山 洋行 院長ブログblog

人体

現在やっているNHKスペシャル「人体」が面白い。
今のところ2回まで放送された。
人体はよく宇宙に例えられたり、神秘的と表現されたりまだまだ解明できていない部分が計り知れないほどある。
これほど科学が進歩し一昔前には想像できないほど生活が豊かに進歩しているが体についてどれほどのことが分かっているのだろうか。
自分が以前病気になったことでその治療法、医学、健康、体について貪るようにネットや本を読んだ。
知れば知るほど分からないことが多いことに改めて感じ、自分のことでも痛感し考えさせられた。
若い時は、たくさん栄養をとってたくさん運動すれば健康になる、強い肉体が作られると信じて暴飲暴食をし休みの日は極限まで強度の負荷を筋肉に与えそれがいいと信じ込んでいた。
学生時代、部活でも勉強でも人より辛く頑張れば頑張るだけ人より勝ると教え込まれた弊害だったのだと今だとわかる。

最近の放送では、「筋肉と脂肪」に関してのものだった。
生命維持に欠かせない重要な臓器だと言っていたのには、すごく違和感があり筋肉、脂肪が「臓器」と捉える感覚がなかったためだ。
でも、脂肪から出される伝達物質を脳が検知して体を調整しているというメカニズム、それを8kのハイビジョンで、アニメーションやCGで視覚的に分かりやすく映像にしているのには驚かされる。
非常に時間をかけて作り込んでいる映像には他局では真似できないものであろう。
次の回は「骨」
我々歯科医師は歯以上に骨にいつも重きをおいて診療をしている。
インプラントをするときには如何に骨を作るか既存の骨がどれほどの状態かを0.1mm単位で観察し注意している。
そう言った意味でも興味深い。
皆さんも自分の体にぜひ興味を持ってこの番組を見ていただきたい。

コメントをどうぞ