杉山 洋行 院長ブログblog

食の秋

駅前にて秋田県産食のフェスタが開かれいろんなブースが並んでおりました。
肌寒いこともありそれほど人は多くはありませんでしたがいろんなイベントが企画されておりました。
秋田各地の食材が並んでおり美味しそうでしたが寒くて暖房のきいたカフェでお茶してしまいました。(すいません)
こうして見るとたくさんあることに気付かされどれも美味しそうでした。
旬のもの、加工食品、鍋・・・ 秋田は美味しいものの宝庫だなっと痛感しました。
いたるところにコンビニが24時間空いており、全国どこでも同じようなものを手にすることができる時代ですが、だからこそ地元のもの、旬のものを食べて季節や秋田を感じるというのは必要なことだと思います。
アマゾンやネット通販で物流の過剰問題が指摘されていますが最近こんなに便利でいいのかと逆に疑問を感じるこの頃です。
地産地消が秋田を活性化する第一歩。
食欲の秋を堪能しましょう。

コメントをどうぞ