杉山 洋行 院長ブログblog

講習会(9/30)

メーカー主催のCTセミナーに参加してきました。

講師の先生は宮崎から来ていただいた小窪先生でCTを使った診査、診断、インプラント、根幹治療の仕方まで実に内容の濃いものでした。

高額な機器によって歯科医師の診療技術が上がるわけではなく、それを使ってどう考えどう診療にフィードバックしていくのか、解剖学的な特徴を踏まえてどう画像を診断していくのか、歯科診療に真摯に向き合っている熱い講師の先生から得られたものは大きかったです。

どんな疾患も100%完治できるDrはいるはずもなく、このぐらい治せたらいいだろうという妥協点が長年の診療で出来上がってくるもので、こういう講習会に参加すると意外な方法や考え方でもっと上が目指せるんじゃないかとモチベーションを引き上げられます。

参加者定員が5名のみと非常にclosedな会でしたが参加してよかったです。

大型台風が九州に来ているので講師の先生はその後戻られたのか心配です。秋田まで来ていただきありがとうございました。

 

咀嚼と発育

「咬む」ことは大事だ、ということは小さい時によく聞いた。

でも、なんで大事なのかはあまり知らない。しいて言えば、消化を助けるため?

もっともっといろんな面と関連していることが分かってきた。

実験  離乳直後のマウスに軟食(ほとんど液状に近い)で飼育し通常の食事のマウスと比較した

結果  ある精神疾患を持ったマウスが優位に多かった。キレる、さわぐ、こもる。--どこかで聞いたことのある形容詞である。

現代の若者を表現するときによく聞く言葉である。

生後、幼少期の脳の発育はすさまじい速度で進む。この時の咀嚼、咬合は想像以上に一生涯にわたって大きな影響を及ぼす。

咬合と学習能力、記憶力、運動能力、体格、精神状態・・・・ 数多くの統計的な有意差を示す報告がある。

「矯正」と聞くと、見た目のことをまず想像する方が多いと思うが、機能に関係することがほとんどである。

歯並びが悪くうまく咬めない、虫歯が多数歯にわたってありうまく咬めない。のに、1週間のほとんどが塾や習い事で歯科治療に来る暇がない。

優先順位が違うのでは?上記の内容を見ればなおさらである。

小児の新患が来るとどうしても長くなってしまい予約の患者さんを待たせてしまう。

この場を借りておわびしたい。

同窓会

この連休に新潟の越後湯沢にて大学の同窓会がありました。

新潟は15年ぶりくらいですごく久しぶり。

しかも電車、いなほで4時間。

 

 

 

 

電車での旅は久しぶり。途中のあつみ温泉のあたりです。

むちゃくちゃいい天気でした。

いろんなことを思い出します。

 

 

 

新潟からは上越新幹線に乗り換え1時間。

こまちと違って本数も多くスピードもぜんぜん速い。しかも2階だて。

 

 

 

越後湯沢駅。駅の中は新潟のお酒がずらりと並び、テーマパークみたい。温泉宿はこのすぐ近く。

大学の同窓会は前回は出れなく、卒業以来話した人も。みんな全然変わってない。

もう20年近くたっているのに・・・うれしくもあり、ちょっと残念でもあり。

帰りは新潟駅の乗換で時間があり駅前をぶらぶらしましたが、あまりの変貌ぶりに愕然。人間は変わってないのに・・・・

いろんなことを電車のなかで考えました。ちょっと長い旅路でしたが、歯学部の6年間何を考えどうして過ごしていたかを振り返り今を見直す。20年後にこうなることを想像できたでしょうか。明日からの診療に非常に充電された連休でした。

 

夕日

 

非常にいいお天気の今日は一日とても充実した日を過ごしました。

朝のランニングから始まり、たまった仕事を片付け、学会誌に目を通し、医院のお掃除、あまりにも天気がよく近くのcafeでコーヒーを飲みながら哲学書を読書し、人生についてインスパイアーされすぐさま車を飛ばして日本海に沈む夕日を見に行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなきれいな夕日久しぶりに見ました。

すべてが洗われるよう。

近くには20代のカップルが夕日に見とれており、その近くにはヨガをやっている人、その近くには敷物をひいてたたずむ老夫婦、犬を散歩している人、すごいカメラで写真を撮っている人、そして私。

ハワイで見る夕日と変わりないなー なんで気づかなかったんだろう(反省)

 

 

 

 

前よりも一段と風車の数が増えてます。

「自然エネルギー!」っとちょっと感動。

原発反対!核のゴミさえ処分できないでいるのに・・・

海を眺めながらインスパイアーされた自分にちょっと興奮気味・・・

サンセットとサンライズを見る頻度の高い人には成功者が多い と ホンマでっかTVで見たのをうのみにしてまた来ようと心に誓ったのでした。

 

医院改修工事

 本日の休診日を利用して医院の工事を行いました。

特に、カルテと矯正の模型を保管する場所がなくいっぱいでしたので各スペースに棚を増設しました。(7か所)

開業当初はこんなに棚やカルテの収納スペース必要ないんじゃないかと設計士に言ったほどありあまるほどだったのに、5年ほど前にカルテ棚を増設、さらに足りなくなりまた増設となりました。

レントゲンはデジタル化しましたのでHDにデーターとして保存していますので場所はとらないのですが(HDも2年前に容量オーバーで取り換えましたが)、カルテや模型は物理的に仕方ありません。

左は模型用の棚

 

 

 

これはカルテ用

どうしても壁に付ける形のため高くなってしまいました。

受付の方スイマセン。

 

 

 

 

 

 

 

これは診療室の壁に。

こんなにも物にあふれるとは夢にも思いませんでした。

月日の長さを感じます。

相当「断舎離」をしたのですが・・・

実は院長室が一番ものにあふれております(照)