杉山 洋行 院長ブログblog

融雪機

今年は雪が降らないなーっと思ったら、ようやく先週あたりから秋田らしい天気になってきました。

子供のころは雪が降ると雪合戦だ、かまくらだ、雪だるまだっと大はしゃぎでうれしかったものですが、「嫌だなー」っと思うようになってしまったのはいつからなんだろう。

ふっと、さみしい気分になりました。

ですが、今年は違うんです。雪をひそかに待ち望んでいました。それは、ジャーン(上図参照)

北海道旭川の会社から取り寄せた融雪機を買っていたからでした。

例年雪の捨て場所に困り、業者さんに依頼するとびっくりするような金額が雪とともに消えてしまうので、何とかできないかと夜な夜なネットで調べて購入しました。

飛行機のエンジンのような爆音とともに周囲の雪を溶かしてくれました。飛行機並みの燃費の悪さでもありましたが(汗)

時間がかかり朝の診療開始前にはとても時間がないので診療のない日にやらないといけなく逆に自分の時間が無くなってしまいますが・・・

前に新聞を読んでいたら、今年はカメムシ大発生!昨年以上の豪雪か?などといやーな見出しがあったので購入に踏み切ったわけでした。(カメムシのせい?)この機械の出動回数が少ないことを祈りますがどうなんでしょうか。

 

忘年会

12月17日杉山歯科クリニックの忘年会を行いました。改めて、今年一年スタッフのみなさんお疲れ様でした

いろいろな大変なことやつらいこともあっても、最後にこうして笑顔でお酒が飲めるというのは何よりなことだと思います。

今年の一文字は「絆」スタッフとの間においても最も大事なことであると思います。いろんな意味で人とのつながり、大事なものは何かを考えされられる年でもありました。

最新の技術、治療を追い求め背景にあるいろんなことが見えずにいたこともあったように思います。経験値の浅さから遠い先の予後も見えず、いつも時間軸は現在においてを考え今できうるベストは何かという答えを求めてばかりいたような気がします。

開業して10年が経ち、今までの狭い視点をもう少し俯瞰してものごとを見れるようになってきたのかなと思います。そうするといろんな人や物事に感謝の気持ちがわいてくるようになりました。この場を借りてサポートしてくれる家族、スタッフのみんな、そして患者さんへ感謝したいと思います。

写真の様にささやかなプレゼントを用意してみんなでビンゴゲームをして盛り上がりました。(今年はちょっとがんばりました)

もう一枚の写真は1位の商品をもらったスタッフです。今年を象徴するような満面のいい笑顔でした。

私は、食べすぎと飲みすぎでトイレにかなり長い間こもっていましたが・・・

来年は皆様にとってもさらに良い年となりますように。